徳島銀行の円預金

徳島銀行には円普通預金や円定期預金など様々な円預金商品があります。円預金とは円貨で取引する預金商品のことで、米ドルなどの外貨に比べて金利が低いのが難点ですが、誰でも簡単に利用できるためお金を持つ人はもれなく利用しています。外貨預金と違って元本保証や預金保険制度が適応されるので、万が一金融機関が破たんしたりしても失われることがないのも利点です。

徳島銀行の円預金でオススメなのは総合口座です。総合口座とは普通預金に定期預金をセットできる商品で、定期預金の預金残高を担保に口座貸越を利用できます。普通預金口座は給与の振込や各種料金の支払いに利用できるため預金残高が不足しやすく、口座貸越できれば預金残高がマイナスになっても不足分を補充できて安心です。ただしローンの一種なので返済時に金利がかかってしまうのと、徳島銀行は普通預金にセットできる定期預金が少ないのがいささか不便です。

徳島銀行の定期預金で運用する余裕資金を作るには、積立式定期預金や定期積金が便利です。どちらも毎月一定額を積み立てて、満期日に総額と利息を受け取ることができますが、積立金額や金利のつき方など細かい部分が違います。どちらを使うかは個人の好みや目的にもよりますが、どちらかというと積立式定期預金のほうが金利面で有利です。預金残高によって適用金利が変わる貯蓄預金という商品もありますが、徳島銀行だと実際には預金残高がどうなっても金利が変わらないためお得感はありません。

現在、徳島銀行では定期預金キャンペーンをおこなっており、スーパー定期預金などの通常の定期預金より高金利の商品が利用できます。インターネットバンキング専用定期預金や本店新築記念定期預金など預入期間が短い代わりにキャンペーン金利でお得に運用できる商品が複数あり、外貨預金や投資信託を利用しなくても効果的な資産運用ができます。ただし取扱期間が限られているため、申込みのタイミングが重要です。