徳島銀行のリフォームローン

金融機関の住宅関連ローンには住宅ローン以外にリフォームローンというものもあります。リフォームローンは住宅取得というよりリフォームが対象のローンで、増改築や補修、設備工事などに使えます。すでにマイホームを持っている人向けのローン商品ですが、少子高齢化社会の現代では二世帯住宅を検討する人も多いため注目が集まっています。またソーラーパネルの設置やオール電化住宅、バリアフリーなどの工事に特化したリフォームローンも多いです。

徳島銀行では通常のリフォームローン以外にエコリフォームローンとソーラーローンも揃えています。増改築など普通のリフォームはノーマルなリフォームローンで充分ですが、エコ関連の工事費用は他2つのリフォームローンが便利です。新しい住宅だとエコ関連の設備が最初からついていることもありますが、比較的古い住宅だと各設備がない、あるいは脆くなっているのでリフォームローンを使って工事費用を工面すると便利です。

リフォームローンと住宅ローンの違いは用途だけではありません。リフォームローンは往々にして住宅ローンよりも審査が緩くて結果が出るのも早く、ローン金利は高い傾向にあります。これらの違いはひとえに融資金額の違いによるものです。リフォームローンは住宅ローンに比べて融資限度額が少なく、1000万円や2000万円程度が多いです。そのため金融機関側の貸し倒れのリスクが少なく、審査基準を緩めても大丈夫なのです。元本が少ないと、高金利でも利息が少なくて済みます。

リフォーム費用を徳島銀行で扱っているフリーローンやカードローンで賄う人もいます。というのも簡単な工事なら安値でおこなえる場合もあるからです。金融機関によってはエコ住宅ローンなどの住宅ローンで工事や増改築もおこなえますが、住宅ローンは担保が必要、支払う手数料が多いなどのデメリットもあるため、融資金額が少ないと効率が悪いです。